HOME > column 2016/12

小売店の(来店)回数増加


弊所の売上分析は、売上高を「3つの要素」に分解します。
売上高=客数×回数×単価
「3つの要素」のどれかが上がれば、売上高は上がります。
自店の戦略との整合性を加味して「3つの要素」のうちどの要素に注力するかを選定しなければなりません。
例えば「顧客戦略」の場合は、「回数」の増加がとても重要となります。

今回は小売店の「回数」増加について考えてみましょう。
RFM分析でも「累計購入回数」が将来の購入可能性を高める要素として挙げられています。
10人のお客様に1回来店してもらうのか?1人のお客様に10回来店してもらうのか?
売上高は同じでも販売促進の「やり方」は全然異なってきます。

・ポイントカードを検討しましたか?
・イベントを企画しましたか?
・ディナー(ランチ)誘客を企画しましたか?
・2回目の来店策がありますか?
・クーポン券を検討しましたか?
・キープ商品がありますか?
・購買履歴情報がありますか?
・お店の居心地は良いですか?

「顧客戦略」→「回数」増加を選定されているお店は是非セルフチェックをしてみてください。

2016年12月8日 駒木根大輔