HOME > SERVICE キャッシュマネジメント

キャッシュマネジメント

事業保障


経営者の個人信用が取引に大きな影響を及ぼす場合、経営者が所定の理由で就業不能になると、銀行から融資条件の見直しを迫られたり、売上が大幅に減少したり、経営に与える影響は甚大なものとなります。後継者が経営を軌道に乗せるまでの資金需要を想定し、事業保障を備えることは、企業防衛策として重要となります。

遺族保障


経営者に万一のことがあった場合を想定して、遺族に対する保障を備えておく必要があります。経営者の遺族には生活資金のみならず、自社株問題や連帯保証人問題など資金需要が山積します。貯蓄と節税を上手に活用しながらキャッシュフローを想定することは経営者の責任といえるでしょう。

含み損益の把握


企業の潜在的リスクを分析し、保障を強化する場合には、生命保険契約が多く活用させます。生命保険契約を否定はしませんが、活用するのではれば、中長期的な「含み損益」の把握が必須となります。生命保険契約を上手に活用すれば、貯蓄と節税の両面に効果を発揮し、経営者に所得コントロール機能を付与します。税理士駒木根事務所では、法人契約の生命保険契約について、「含み損益」の管理表を作成しております。