HOME > column 2016/11

小売店の客数増加


弊所の売上分析は、売上高を「3つの要素」に分解します。
売上高=客数×回数×単価
「3つの要素」のうちどれかが上がれば、売上高は上がります。
自店の戦略との整合性を加味して「3つの要素」のうちどの要素に注力するかを選定しなければなりません。
例えば、商品戦略の場合「単価」設定がポイントとなりますし、顧客戦略の場合「回数」増加がポイントとなります。

今回は小売店の「客数」増加について考えてみましょう。
一般的に、顧客の分布が広範囲の場合には「広告宣伝型」の集客が効果的であり、比較的近隣に顧客が集中している場合には、
シンプルに「外観等の強化」が「客数」増加に効果的です。
弊所クライアントですが、看板を変えただけで売上が1.5倍になった事例もあります。

・外観に特徴はありますか?
・看板は認識されていますか?
・ファサードに工夫はありますか?
・顧客の属性情報を把握してますか?
・新聞折込を検討しましたか?
・紹介カードを検討しましたか?
・他業種との提携を検討しましたか?

特に利便戦略を展開しているお店は「客数」増加が必須要素となります。
自店に適合した「客数」増加のパターンを確立することが重要です。

2016年11月8日 駒木根大輔